またもや分解してみるのだが・・・画像が>< - TAG RODをつくろう!!
FC2ブログ

TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

0106

またもや分解してみるのだが・・・画像が><  

ボアアップキットを組んでみまして・・・
ピストンスラップ音だと言う事が明確になり~

結局、音は消えないなぁ
なんて思いながらも試運転してしまった私(-_-;)

変な期待をしてしまったが為に
やり直さずに・・・エンジンを掛ける。


やはり異音するものが動かせばしなくなるなんてことは無いなぁ
余計に酷くなったブラスト
しかも遅いし・・・><

走りはするんだよな



やっちまった感、満載で・・・

また分解 (7)
またガレージ内に収まるブラスト

また分解
ピストンスラップ音って言ったって、ピストンとシリンダーの隙間ってそれ程無いだろう?
あんなに大きな音なるんかいな~

ピストンがシリンダー下まで出てしまうなら別だけど・・・
と測ってみるも・・・
ストロークが79.38mmで、ピストンの高さが・・・?
ううむ

そこまでピストンが下がらないだろう?
と思うんだけど


まあ開けてみれば判るでしょ^^


また分解 (8)
キャブを外して・・・
ワイヤー組むのがいつも面倒なので今回はフロントタイヤの上に載せておく
また分解 (1)
タイラップで縛っておけば大丈夫(画像ではまだ止めてないけど)

もはや慣れたもので・・・
腰上のバラしなら30分も掛からない^^

これで4度目(-_-;)


また分解 (2)
オイルは来ている様だから・・・
また分解 (6)
組み方間違ったわけでは無い様だけど・・・



大問題発覚なのです><

せっかく撮った画像が何故か無い(-_-;)

タペットカバー外したところまでの画像で終わってる><
何故だ!!

何故なんだ~
おまけ
私の心の叫びを息子が表現してみました^^


画像が無いので・・・
分解中の画像はこれまで(-_-;)

文字だけで・・・
ご説明しますと><


やっちまった感はあるがブログネタとしてはおいしいぞ^^
とワクワクしながら分解を始める。
もう4度目なので手順よくもくもくと分解を進める。
せっかくの新品ガスケット勿体ねぇな~等と思いながら・・・

原因がバルブに当たっての異音やピストンふらつきであれば単純だが・・・(曲がってたら面倒だけど)
逆に腰上が何ともなかったら・・・腰下か><
それは困るなぁ
等と思いながら・・・

ああ画像が無いなんて(-_-;)

開けてみるも燃焼室に若干オイルが入り込んでいた。
ヘッドボルトの締め付けが甘かったか?
ガスケットが良くなかったか?
よくは判りませんが・・・

ピストンとバルブがヒットした跡は無い。

ガソリンが濃かったのは判る。
薄いよりはいいので、エンジンが問題なくなったら燃調すればいい
なのでここは無視しまして・・・

せっかくなのでピストンを一番下まで下げてみるが~
やはりシリンダーより下には行っていない。
なら何故これほどのカタカタ音が鳴るのか?


シリンダーを抜き取る。

シリンダーには傷が入っていない^^
ピストンには1、2本モリブデン加工してある部分に筋は入っているもののピストンリングも
ピストンスカートも問題ない。
焼きついた原因はオイルジェットの詰まりでピストン裏にオイルが行ってないんじゃないか?なんて事も頭をよぎったが
大丈夫な様だ・・・オイルは飛んでいる。

う~ん
やっぱり画像無いと説明し辛いなぁ


結局、シリンダー&ピストンは無事だった^^
では何故あんな音が???

なのだが

クランクのベアリングがやっぱり怪しい><
組んでいる時は「問題ないと思う」って希望的観測により決めつけたが~

ピストンスカートが短くなって首振りしやすい&アルミシリンダーで音質が変わったのもあるが・・・
音が明確になった理由は高圧縮によりコンロッドの打撃音が大きくなったって事だよな?

左右にガタはあったコンロッド
上下のガタは・・・確かめるのを忘れ組んだわけですけど

今回見直したら・・・
上下に若干のガタがある(-_-;)

ん?
こんなだったか?

組む時より酷くなっている気がする。
左右のガタも何だか酷く?

試運転時、音が変わったのだが
そこで更にやってしまったと言う事かな?
高圧縮で耐えられなかったのか~


草加公園
ガビーン

子供にワザとこんなことさせている訳では無いですよ^^
最近、ふざけ方に知恵がついたのか?
おもろい^^



ふむ

画像が無いと何とも面白くないですね><





また分解 (3)
タブレットで写した画像が残っていたので・・・
分解後の画像(-_-;)

今回は

コンロッドベアリングが逝かれていると4度目にて確信し・・・
また暫く部品待ちになる為、ツールワゴンに部品を乗せておく

また分解 (5)
溶接機カートにしているツールワゴンの上段を綺麗にして・・・
エンジン腰上部品を並べる。

また分解 (4)
運よく、シリンダー&ピストンは無事だったので良しとしよう。
これが逝っちゃってたら10万以上の損失だ(^_^;)
何度もバラした労力は自分の無知が原因にて仕方がない><

さっそくネットでコンロッドベアリングを探す。
ベアリングだけで出ていなかったので~

ブラストクランク (1)
クランクごと購入。

中古です><

新品は出てなかった。

ブラストクランク (3)
まあこのまま組めばいいので楽ではあるが~

ブラストクランク (4)
まともなのかな~

ブラストクランク (2)
純正部品です。

ブラストクランク (5)
年式は2007年のクランクらしい。
私のブラストは2005年式
2009年のクランクも出ていたので極力新しい方が良いかとも思ったんだけど・・・
以前、購入実績あるショップから買った方が安心だなって事でこれをチョイス。

ブラストクランク (6)
問題はこの画像

コンロッドとクランクに隙間が見当たらない(-_-;)

これまたせっかく写した画像が無いので説明しにくいケド・・・
私のブラストのクランクとコンロッドの隙間は目視できるレベルであり

ああ、やっぱりクランクか・・・

と再認識したのであった(-_-;)



腰下か~
厄介だなぁ

クランクを替えるとなると全バラシなんだよな><
車のエンジンはミッションケースが別だからエンジンさえ降りてしまえばそれ程面倒でも無いケド
バイクのエンジンはミッションが一緒なので・・・
ああめんどい(-_-;)

しかもビューエルブラストはエンジンにスイングアームが付いているタイプ
ホンダモンキーで経験したが・・・
あれはかなり軽いからな(^_^;)

めんどくせー

やりたくねー


バイクのクランク交換初めてだし><
ちゃんと組めるのかね?
初体験^^

これを変えたら完調ならば・・・
やるしかないか(-_-;)


頑張ろう

mattweb.jp
コンパクトで高トルクなm7エアーインパクトレンチ

NC-3610Q.jpg
↑商品ページへGO!!
m7のエアーツールはmattwebがアフターフォロー、修理等を行います。

代引・振込・カード決済OK

関連記事

Posted on 2016/01/06 Wed. 08:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

« アミューズメントパーク足立に行ってみた^^  |  ブレイクイン・・・いわゆる慣らし^^ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://taglog1.jp/tb.php/1142-33098562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張ったが毎日書けなくなった><

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

広告かな?

アクセスランキング

▲Page top