今年はマット追加追加で行くんですが~ カブトムシの幼虫飼育 - TAG RODをつくろう!!
FC2ブログ

TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

1025

今年はマット追加追加で行くんですが~ カブトムシの幼虫飼育  

カブトムシの飼育

カブトムシ小屋作ってから何回目のブリード?

3回目かなぁ


1年目2年目は卵から幼虫になり~
少し大きくなったところで腐葉土全部入れ替えをしてました。

10月半ば位だったかなぁ

そうすると幼虫は大分大きくなっていて・・・
その時点で腐葉土入れ替え

でもこの頃から寒くなって行き、餌食いが悪くなってくる?

結果

入れ替えた腐葉土は大部分がそのまんま
春を迎え

また幼虫が動き出す

でもって腐葉土食べ放題!
って訳なんですが~

1年目は良くわからなかったけど・・・
2年目に思った

腐葉土が黒土になってなく
蛹室作りにくいのでは?と・・・

幼虫は沢山居たのに成虫の数は少ない(-_-;)

幼虫が多すぎて餌が足りなかった?
という可能性もあるんだけど、成虫が出てくる時点で腐葉土が結構そのまま残ってて・・・

途中でマットを追加したりはしてましたが

そのマットも次世代の幼虫が食べているって感じかな?

説明が難しいんだが・・・

100L容器で出来る蛹室の数も限られるだろう
上にも下にも蛹室が出来てしまえば、孵る時期がズレれば
先に出た成虫が蛹室を壊してしまうだろう

ん?

その前に

先に作った蛹室を他の幼虫が壊してしまう可能性も大きい



今年はまず、蛹室を作りやすい状況で試してみる。
これで成虫が孵る数がまだ少なければ、来年また考えよう

今までは・・・

100Lの腐葉土を全入れ替え
春に目減りした分を30L程度足していたが

今年は

目減りした分のみ足し続け
幼虫マット追加 (4)
固い土はそのまま残し~

マットを追加追加!

既に80L追加している。

20L→30L→30L

幼虫マット追加 (1)
その方法にて変わった事は~

容器表面にフンが出ている事

腐葉土全入れ替えの時は中で食べているのだろう
掘れば出てくるけど・・・フンが表に出ている感があまりない。

今年は・・・
下に古い土
上に新しいマット

とすると

幼虫が上の方に居る数が増えている

自動的にフンも上の方に溜る・・・

幼虫マット追加 (2)
表面だけ掘ってもコレだけ出てくる^^

育ち具合は変わったのかどうか良く分からないけど(^_^;)

幼虫マット追加 (3)
でもこれは自然界と同じだよね?

何度も分解された腐葉土は地中で土としてあり
枯葉が上に積もって軽く分解されれば腐葉土となる

今年のやり方の方が合っている気がするねぇ^^

単に土を捨てに行くのが面倒だった!って事では無いですよ(^_^;)

幼虫マット追加 (5)
こんなにてんこ盛りに追加です!



mattweb.jp
面白ルアー揃ってます^^

ハゼルアー
↑ここをクリック!!
工具も釣り具もmattweb

代引・振込・カード決済OK


関連記事

Posted on 2019/10/25 Fri. 08:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 冬の室内飼育2年目のアルダブラゾウガメ~  |  ドライブレコーダー欲しくなったぞ! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://taglog1.jp/tb.php/2668-3237acc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張ったが毎日書けなくなった><

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

広告かな?

アクセスランキング

▲Page top