TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

0919

また横道に逸れますが・・・(^_^.) タコメーター設定  

今日はTAGRODも「ドア取り付け」なんて言うしょぼいネタだったんで~
横道逸れてアエルマッキネタ^^

マイブームですからね~、仕方ない><


デジタルタコメーターを購入したのですがどう考えても回転数が合ってない><
と言う物の設定を変えてみる。

購入した先がご丁寧に書いてくれた取説追記コメント
「明らかに回転数がおかしい場合、設定を変えてください」
「青い端子を引き出し、アース接触させると設定が変わります」

ふむふむ成程・・・

「初期設定は2ですが4、6とアースさせるたびに数値が変わります」

そうですか!!

よし、やってみよう^^

タコ設定 (1)
タコメーター配線から青い配線、言われるとおりに引き出してみました。

アース接触させると~
ん?なにも変わらない><

何度かやったが変わらない・・・
先端に半田が付いているから接触不良か?と思い線を一部剥いで見たが変わらない><
それでは?と線を繋ぎバッテリーマイナス端子に直接つないでみたが変わらない><

うーむ

結局

①青い線を引き出す
②メインスイッチON
③アース接触を長く続ける=数値が変わる。

ゲームで言う長押しって事ですね(^_^.)
ヨカッタヨカッタ・・・

タコ設定 (2)
まずメインキー入れると1234567890と数字が一回動いて
0000になります。

タコ設定 (3)
アース一回取るとこう表示されます。
-002ってなるのね?「2」って事だよね?

タコ設定 (4)
もう一度接触でー004になりました。

「2」「4」「6」と変わると書いてありましたが何故か3が出ましたが・・・
まあ見なかった事に(-_-;)
4の次は6でした。

タコ設定 (5)
設定終了で一旦OFFにし、エンジンスタートすると?
相変わらずの数値・・・

少し走ってもまあ変わってない。
エンジン切ってもう一度青線接触させるとまたー002と表示

お、切り替わってなかったんだ^^
と同じ作業を再度行って~
今度はキーオフにせずそのままエンジンスタート!!

すると-004と表示したままです><

あらら

結局、取説全て頭に入ってないので家に帰ってもう一度取説読み直そう・・・





でした!!


それはそうと~
家で雑誌を漁ってて・・・
SRカスタムの雑誌が出てきた^^
トイレでゆっくり見よう~

とめくってたら、マフラー特集でした^^

私が自作サンパーを作成し、そのインプレを書きましたが・・・
上手く表現が出来なかったんですよね~
その雑誌の!!しかもヨシムラマフラーのインプレがまさしく私が言いたかったことと同じではないか!!
という事で
2014091723200002.jpg
その記事のコメントをパクってしまおう^^

まあこの記事はSR用に作られたヨシムラマフラーの評価なのですが・・・

FI SRのエンジンの特性はビッグシングルに一般的に抱く「低速からトコトコ粘り強い」と言う物とは違い実は高回転型。実際の所パワーバンドは5000回転から上の回転域にある。低回転域のトルクも少々心もとないものだ。それがヨシムラ管では一変、これぞシングルと言うフラットなトルクを、アイドリング少し上から発生。そのままピークまで、同じトルク感をキープしたままで吹け上がっていくのだ。特に4000回転付近のトルクアップは顕著。このあたりのトルクは街乗り等日常使用で最も多用する部分。そこが速いから面白く乗りやすい。なんたらかんたら・・・むにゃむにゃ・・・

と書いてある!!
まさに私が言いたかった表現だ^^サスがプロですね~(^_^.)

そうなんですよ^^
私自作のサンパーもそう言いたかったんですよ^^
その回転数が知りたくてタコメーターを付けたいのですが・・・多分、イメージする通りなら回転数も上記のそのものと思う。


結果論ですが理論をパクッた先と同じ結果を生んで(今回の雑誌記事はサンパーのインプレじゃないよ)しまった訳で、それがイイ!と評価するものである事が嬉しい^^
若干、人によっては「ずっとふん詰まり状態ジャン」と評価されかねない様な気がしていたもので・・・


もう一つ!!
これはキャブのインマニに関する記事で~
これも今回、私が結果論として(-_-;)生み出したものと同じなのですが!!

長インテーク

この長いインテーク!!
私はキャブのサイズと口径と角度を気にした結果、こうなっただけなのですが・・・
長いインテークをワザとやる事もあるんですね~

この記事はこう書いてあった
驚くほど長いマニホールドを採用した吸気系。一方、スポーツカブC110は、極めて長いインマニのフレームマウント型サイドドラフト式キャブレター。「チューニングエンジンは吸入効率を上げるため、キャブと燃焼室を近づける」という現在の常識とは間逆の吸気系システムが導入されている。ちなみに当時のホンダ小排気量スポーツモデルには、このロングインマニが多数採用されていた。これはトルクを稼ぎ出すための手法だと言われる。ちなみに現在でも燃費重視の4ミニの耐久レースなどでは、この手法を用いる場合がある。また、パーコレーション(ガソリンが気化して噴き出す現象)を防ぐため、ゴム製のインシュレーターを採用して断熱化しているのも見逃せないところ。



こうだ!!^^
ゴムのインシュレーターってのもそうだし、トルク重視にする為の長いインテークって事なら私の目的にマッチしている。
まさしく計画通りだ><

長いインテーク
ロングインテーク!!
ゴムのインシュレーター!!

サンパーマフラー
ずっとトルクが持続するマフラー!!



って・・・

自画自賛はここまでにしておきます(-_-;)
嬉しかったもので・・・

Posted on 2014/09/19 Fri. 16:30 [edit]

CM: 5
TB: 0

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張って毎日書きます!!

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

広告かな?

アクセスランキング

▲Page top