FC2ブログ

TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

1219

キャブターボ仕様のモンキーターボ・・・その7  

モンキーターボネタも終盤です^^

今日の余談は・・・
キャブターボ!!


ターボ車と言えばインジェクションが主流ですね。
キャブターボって昔流行った?様ですが・・・

キャブターボは難しい><と走り屋さん達と話していると出てきます。
キャブ派だけど・・・ターボ欲しい!!って方や
NA派だ!!と言う方々もいて・・・それぞれです^^

拘る事は良い事だ


てもってキャブターボが不利なのは・・・
燃料調整が変動できないから

の様ですね。
インジェクションならコンピューターで燃調が変えられますが
キャブは機械的にガソリンを気化させている訳だな。
アクセルを開けて速度が速くなるとキャブから吸いこまれる空気も燃料も増える(言い方が逆ですけど)
なので暖気後に調整すれば後は大体変わらず一定の燃調。

ターボは過給するわけで・・・回転数が上がれば上がるほど過給圧が上がる。
ブースト圧は掛かりすぎたら困るのである程度で抜いてやることにはなりますが、アイドリング状態ではターボはあまり効いていないって事になる訳で、アイドリングで調整したらターボが効いている時は「薄い」って事になる。

ではアイドル時、低速時に濃い設定にしておけば大丈夫?
と思うのだが???

やはり高回転では足りなくなるようだ

キャブは・・・
初速時に加速ポンプやらで濃くする機能はあるのだが、高速時巡航時に濃くする術は無い。


どうするか・・・
TAGRODの場合・・・あれもキャブターボなのだが・・・
結局、良い案が浮かばず~
A/Fメーターで燃調を見ながら走るしかない^^

と思ってエアー/フュエルメーターを付けたんだよな~

キャブターボってのは存在し、走っているのだから・・・
もしかしたら問題ないレベルにセッティング出来るかも知れないし、出来なかったら
やはりブーストはあまり掛けれない。

V8、5000ccでハイコンプヘッドなのに・・・
それ以上は道路じゃ能力引き出せねえだろ(-_-;)

と自ら突っ込むが^^



今回のモンキーターボはどうだ?
ブースト計は付けるし・・・エキパイにセンサー取り付け穴あるけど^^
排気温度計か・・・A/Fメーターか・・・

両方か?

う~む


ってなわけで本題^^

ターボパイピング (12)
タービンにオイルを送り出して・・・
潤滑させなくてはいけない。
なのでモンキーエンジンで良く見るオイルクーラー取り出し用のキットでオイルを貰うとする。
デモ機の時はスタンドに乗せていただけなので、ダミーだったし(^_^;)

今回は動くようにするんだから真面目に繋ごう!!



ターボパイピング (13)
オイルのIN・OUTとなっています。

オイルクーラーの場合、コアに送ったオイルはココにまた戻すんですが・・・
なのでパイプ内(ホース内)に送られているオイルにはずっと圧が掛かっている状態。
カムのあるヘッド内に戻された時に解放され、クランクケース内に戻される。

ですがタービンを潤滑するオイルはタービンから出た時点でフリーになり、自然落下となるんです。
圧が掛かり続けているとタービンよりオーバーフロー><
白煙モウモウになるはず(-_-;)

タービンを潤滑した後は抵抗があったらダメでしょう。

タービンは上下が決まっていて・・・
オイルのINが上
オイルのOUTが下

逆に付けたらオイルは押されて潤滑はしてくれるが自然落下でオイルパンに戻れない。

斜め位なら良いでしょう

って事で・・・
この場合は画像に見えている黒いホースがリターンホース
送るホースより断然太い

それを直接カム部屋に戻しちゃいます。

上でも良いのだがタービンよりホースが下に来ないといけないからです!!

ターボパイピング (14)
って事で・・・

*このオイルパイプの間違いは後で気が付くんであしからず^^

ブレーキオイルパイプを使って~
ベンダーで曲げたり

ターボパイピング (15)
フレアー加工の特殊工具で・・・

ターボパイピング (16)
フレア加工

ターボパイピング (17)
シングルフレア

ダブルフレアってどうやるのかは解りません。
もう一折するんですが・・・
こんな細いパイプを??どうやって??

まあオイルライン程度ならシングルで問題ない
ブレーキパイプには強度が無いとでしょうけど

そもそもダブルフレアって強度の問題???

謎は多い^^

ターボパイピング (18)
こうやってさぁ

ターボパイピング (19)
こう繋いでリターンする。

締めこんだ後気が付くのだが・・・

フレア加工って受けが無いとダメですよね(-_-;)
末広がりしたパイプがぴったりフィットし、漏れを防ぐ訳だから・・・
単なる抜け止めだけじゃない><

このオイル取り出し部分には奥に何にもない。
スカスカだ

意味ない事をしたって訳で・・・
実際、オイル流れたら噴き出しますよね~

残念です。

ターボパイピング (21)
まあとりあえず後で直そうって感じ~

ヤダーウケる~

って感じ~

ターボパイピング (20)
現代っ子の真似をしている場合じゃない><

タービンのオイルリターンホースはこうなってます。

ターボパイピング (23)


一応、組めたんじゃねぇ?^^

mattweb.jp
耐熱布~はセラミック耐熱バンテージ1050℃対応!!20m巻

セラミック耐熱バンド20m5cm
↑商品ページへGO!!
mattwebは色々便利なカーパーツをとりそろえています。

代引・振込・カード決済OK

Posted on 2015/12/19 Sat. 08:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張って毎日書きます!!

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

広告かな?

アクセスランキング

▲Page top